Unity研究所<Unityによるゲーム開発、映像開発>

Unity初心者40代後半中年中間管理職おやじが綴るゲームで小遣い稼ぎできるようになるまでのブログ

Unityでのゾンビメイズ ゲーム作り解説1 【下準備】 

本ブログでは、Unity自体のインストール方法等の基本的なことは、他のブログにお任せして、できるだけゲーム作りに即効性のある内容を説明していきたい

 

〇下準備

 まずは下準備としてシーン作りは必要なので、少しだけ触れておく

 

◆使用したアセット

 すべてフリー版を使用

 

 迷路に使用したアセット 

  ブロックの壁、床、階段、トーチ、鎖などダンジョン的なものを作るための

 基本的なものが含まれていて、雰囲気もばっちり

assetstore.unity.com

 

 

 ゾンビモデル

  フリーでもクオリティー高い!!

assetstore.unity.com

 

 パーティクル

    Unity純正のフリーアセットで、このクオリティーは素晴らしい

 使わない手はない

assetstore.unity.com

 

〇余談

 上記のアセットとCinemachineを使って、Unityでレンダリングしたムービー

 ただゾンビが歩いているだけだが、シーンのオブジェクト、ライティング、

カメラワーク、SEでなんとかそれなりに雰囲気のあるものができてしまう

 それもフリー素材で・・・

 いい時代になりました(^^♪

 

 

 Cinemachineについてもいつか使い方を投稿したいと・・・

 自分が忘れないようにというのが強いが

  

◆その他

 プレイヤーの一人称については、下記のアセットを使用

 こちらはスクリプトでの制御面での汎用性高くてとても助かっているアセット

 いちいち一からプレーヤーの制御を書いてたら個人でのゲーム制作なんてねぇ

 オリジナリティーがない、技術が高まらない的なこという人もいるけれど、

まずは使えるものは使って早くある程度技術をつけた方がいいとおもう 



assetstore.unity.com

  

〇今日のひとこと

 Unityって何がよいかというと、自分ではできない、作れない、専門外の領域に

ついてはアセットとして専門の人が作ってくれて、それを共有することにより、

できないことができるようになったり、ゲーム作りのハードルを本当に下げてく

れて、身近にしてくれていること

 まあ、最終的には自作するとしても、まずはプロトタイプとしてつくっみる

ことができることも、とても助かる

 目で見て評価できるものにとりあえずする

 このアプローチを手軽にしてくれているのは本当に助かる

 この思想は素晴らしい